FC2ブログ

4/4(土)皆既月食月見会のお知らせ

月見会チラシ


今回は皆既月食に合わせて、大石雅寿先生に月の不思議、月食が起きるメカニズムなどをお話して頂きます。お話、お食事会の後に20:50から月食観測をする予定です。まだ冷え込む季節なので、暖かい服装でどうぞお越しください。

★お食事会がありますので、参加者の方はそれぞれ夜食、食事持ち寄りでお願いします。
(会場側で飲み物、軽食を少しご用意します)
★望遠鏡、双眼鏡(必要な方のみ)
★雨などの悪天候の場合、大石先生のお話+食事会で終了させて頂きます(21:00頃終了予定)

↓参加申し込みはこちらのこくちーずページでお願いします
http://kokucheese.com/event/index/273658/

------------------------------------------------------------------------------------------

●会場:はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)
http://hajimari-ac.com/learn/access.php

●参加費:500円

●講師:国立天文台 天文データセンターセンター長 大石雅寿先生

●時間:18:30〜21:30 月食観測20:50〜
(雨などの場合は18:30〜21:00まで)

●定員:15名(申込み先着順)

スポンサーサイト



3/7,8裏磐梯ワカサギ釣りツアー

3/7,8(土、日)に裏磐梯ワカサギ釣り温泉ツアーを行いました。

7日はまだ雪深い裏磐梯のなか、休暇村裏磐梯さんで宿泊しました。2日間とも曇りのお天気でしたが、温泉と夕食バイキングで会津の郷土料理(にしんの山椒漬け、こづゆなど)を堪能しました。ちなみに、当日ホテルの中は学生さんの団体などごった返しており、にぎやかでした。

ちょうどメンバーが私含めて5人だったので、アウトドアスポーツクラブ、バックスの代表、徳田さんに客室に来て頂き、震災後の裏磐梯についてお話して頂きました。お話の内容は

●震災により、教育旅行など普段の売上は7割減少(売上がゼロになった施設も)
●震災によりがけ崩れの発生で、交通網が使えず一時的に陸の孤島になった。
●ワカサギの寿命は1年〜3年程。魚自体世代の交代により震災当初に比べて、かなりベクレルは減少した(今は約20Bqほど)
●放射能測定をする時、100Bqという数字がとても小さいので、誤差によって数値に差がある。10~100Bqの間でもかなり値がばらつく。
●イワナ、ヤマメはワカサギと比べて生態、寿命が違う。ワカサギなど小魚、川に落ちてくる昆虫などを食べるためか、あまり放射能は減らない。(アユは苔を食べる)川自体に堰が設けられたりするので、生息場所はある程度限られている。
●福島県産の農産物は、県内在住の子供連れの親御さんでも避ける傾向にある。
●山菜、キノコは出荷制限がかかっているので、今は地場のものは出していない。秋のキノコ祭りは、他県のものを使っている。
●磐梯山は活火山、時折火口から噴煙が登っているのが見える。
●五色沼、猪苗代湖は1888年7月15日の大規模な噴火により、川がせき止められてできたもの。
●会津特産物のこづゆ(必ず帆立の貝柱を使用する)、にしんの山椒漬けは昔、海産物が貴重な食資源だったことに由来している。
●浜通りから中通り、会津の交通アクセスが悪いため、以前からあまり浜通りの海産物は入荷されなかった。

と裏磐梯、猪苗代町周辺の地方の歴史や淡水魚の生態など様々なお話をして頂きました。どうもありがとうございました。

この後、稲川酒造のお酒 http://urx.nu/igDT七重郎(黒ラベル)袋吊りうすにごり純米大吟醸無濾過原酒と肉のおおくぼさんの馬刺し(ふたえご、ロース)http://nikuno-okubo.jp/products/list.php?category_id=2をおつまみにゆったり話しながら、飲み会をやってました。

8日は、宿泊先から少し離れた所で8:30に現地集合だったので慌ただしくチェックアウト。昨日お話してもらったバックスさんの案内によりスノーモービル+ソリに乗り、桧原湖の森を突き抜けて、釣りポイントに到着。だだ広い桧原湖をモービルに乗るのはかなり爽快。

20160907_962723.jpg KIMG0143.jpg
20160907_962725.jpg


最初に、エサ(ピンクに着色した、生きてる虫‥)を苦労しながらめっちゃ小さい針に付けます(ここだけでぐったり(ヽ'ω`))マウスちっくの釣り竿をトントン動かして、ワカサギを誘います。何でも、桧原湖の湖上に張っている氷は暑さ約60cmぐらいあって、積層(雪と氷のウェハース状)となっているそうな。5月まで桧原湖の湖面に張っている氷は溶けないそうです。ワカサギは湖面の下10m(湖底のところ)に主にいるのですが、魚群がある所まで釣り糸を垂らします。

KIMG0141(ぼかし)KIMG0145(ぼかし)
KIMG0140(ぼかし)20160907_962726.jpg


アタリが小さいので目を凝らしながら、何とかコツもつかみ5人で2時間やって、取れた数は約25匹。後半1時間は若干、疲れのためか皆さん集中力がなくなってました‥。(朝早かったのもあったんですが)帰りはまたスノーモービルに乗りながら、ワカサギお食事小屋に移動。桧原湖移動途中に、スノーシュー体験をしている雪山散策中の集団の方に手を振りながら行きました。

取ったワカサギは唐揚げにして、さっそくお食事。でも小さいお魚ばかりだったので、あっという間に完食になりました。メザシの少し大きい版みたいな感じですね。


20150308_015948880_iOS.jpg20150308_020123127_iOS.jpg
20150308_020342711_iOS.jpg


この後、昼食はしおやぐらで食事したあとhttp://homepage2.nifty.com/sioyagura/皆さんで近くの稲川酒造にお酒をそれぞれ試飲したりで購入。その後、解散になりました。参加された皆さん、どうもお疲れ様でした。

「スノーモービル体験をしたい」「リベンジしたい」という方もいたので、また同じ企画をやるかもしれません( ・∀・)

いなかふぇのご案内

初めまして、猪苗代サイエンスカフェ略していなかふぇの主催者です。いなかふぇ(猪苗代サイエンスカフェ)はボランティアサークルです。こちらのブログではいなかふぇで行なってきた企画の様子やこれから行うイベントの告知などを載せております。理系じゃない方、サイエンスに興味があるけど敷居が高そう‥という方も歓迎です。

ただ今、いなかふぇの協力、支援をしてくれるボランティアの方も募集しています。興味ある方は、右上プロフィールのメールアドレスからご連絡ください。