福島おうえん勉強会「ふくしまの話を聞こう7」のお知らせ。

※猪苗代サイエンスカフェのイベント企画ではありません。ご注意ください。

チェルノブイリ事故後のベラルーシの住民活動であるエートスの精神(自分たちで調べて考え、自分たちで決定して、自分たちで行動する)を参考に福島の地で暮らす人たちを福島以外から応援するのが「福島おうえん勉強会」の目的です。今回のテーマは「農と暮らし:今とこれから」 福島県の復興のキーはコミュニティであることは、福島と様々な絆を作りつつあるみなさまも実感されていることでしょう。今回は、県外から就農した女性と地元で奮闘する男性のお二人からそれぞれの体験と目指すものについてのお話を伺います。

ふくしまの話を聞こう7【参加申込はこちらから】↓
http://www.kokuchpro.com/event/fkouenbk7/

福島おうえん勉強会さんのツイッターです↓
https://twitter.com/fk_ouenbk

こちらのブログで、前々回の「ふくしまの話を聞こうvol.5」の様子をまとめた記事もありますので、興味ある方はご覧下さい。http://inakafe.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

講演者:
・葛力創造舎 代表理事 下枝浩徳さん
・福福堂 代表 稲福 由梨さん

●日時:4月21日(土) 14:00~17:00(開場 13:30)
●会場:サンパール荒川 第7会議室
住所 〒116-0002 東京都荒川区荒川1-1-1 Tel. 03-3806-6531
【都バス】
 JR日暮里駅東口より「里22」亀戸行き→荒川区役所前下車 徒歩2分
 JR西日暮里駅より「草63」浅草寿町行き→荒川区役所前下車 徒歩2分
【都電荒川線】
 東京メトロ千代田線・京成線 町屋駅より都電荒川線乗換 三ノ輪橋方面→荒川区役所前下車 徒歩2分
【東京メトロ】
 日比谷線三ノ輪駅下車 南千住方面改札を出て明治通りを王子方面へ徒歩12分(荒川警察署向い)
●参加費:1,500円(税込み)
●定員:50名(先着順)
●懇親会:予定
●主催:福島おうえん勉強会(代表:ナカイサヤカ)
●ツイッターアカウント:fk_ouenbk

スポンサーサイト

放射線計測勉強会 part5  (5/30(土) 郡山) のお知らせ

※猪苗代サイエンスカフェのイベント企画ではありません。ご注意ください。

 5/30(土)、郡山市 ミューカルがくと館 2階 中ホール 13:00~から放射線計測についてより詳しく知りたい方を対象とした勉強会が行われる予定です。定員は30名程度(収容可能数を超えた場合先着順) 参加費は1000円(高校生以下無料)となっています。学生さんや初めての方にも来てほしいとの事で、お知らせいたしました。以下のページで参加申し込みできますので、放射線の計測などご興味ある方はどうぞ。
 私も過去何回か、こちらの勉強会に参加したのですが、放射線の計測について専門的な知識を得たい方や自分の測定結果について見てほしい方などにはお話しやすい雰囲気の会なので、気軽にご参加頂ければと思います。

主催者さんは@clear_wtさんです。ご質問ある方はtwitter ID: @clear_wt の方にご連絡ください。

調整さん 放射線計測勉強会 part5  (5/30(土) 郡山) 
https://chouseisan.com/schedule/List?h=4892aa86ed9640c0be47e9c023b6f867

以下、勉強会の詳細です。会の詳細、追記は順次、上の調整さんページで更新されますのでご確認ください。

概要:
放射線計測についてより詳しく知りたい方を対象とした勉強会です.
実験・デモと講演会があります.学生の方も歓迎します(高校生以下無料)

開催日:2015年5月30日(土)
場所:郡山市 ミューカルがくと館 2階 中ホール
   〒963-8851 郡山市開成一丁目1番1号
   Tel:024-924-3715
 http://www.city.koriyama.fukushima.jp/161020/bunka/gakutokan.html
定員:30名程度(収容可能数を超えた場合先着順)
参加費:1000円(高校生以下無料)

内容・対象:
  放射線測定の経験者/基本を知ってる方が計測についてより深く理解してレベルアップするための勉強会です.基礎知識は必要ですが,専門知識を前提としたものではありませんので,計測に興味があればどなたでも参加いただけます.

 <実験・デモ>
  13:00~14:45 放射線計測に関わるいくつかの実験テーマや機器のデモンストレーションのうち,興味のあるものに自由にご参加ください. 

 <講演会>
  15:00~17:30 話題提供の後,ディスカッション
  講演会となっていますが,話題提供の後の参加者のディスカッションで理解を深める双方向形式の勉強会です.

 <懇親会>  
  18:30~20:30 懇親会1
  場所:郡山駅前付近(決定次第掲載)
  会費5000円(予定)

5/31(日) 県内ツアー
  希望者で福島県の各所をめぐるツアー.参加者で適宜相談しながら行き先を決めましょう(初めての方など,ある程度コーディネートします).目的により何グループかに分かれるかもしれません.

福島おうえん勉強会のお知らせ。

猪苗代サイエンスカフェのイベントではないのですが、この前私が参加させて頂いたサイエンスカフェえるかふぇさんの代表、ナカイサヤカさんが主催している講演会「福島おうえん勉強会」のお知らせです。以前の会に、私が参加した時には後述の安東量子さんによるベラルーシ、ノルウェーの放射線測定、現地の生活など為になるお話を聞かせて頂きました。はじめての方にも来て頂きたいということで、福島に興味ある方は気軽にいらして下さい。

---------------------------------------------------------------------------------------------

年に一度は集える人が集い、ふくしまの話に耳を傾けたいという目的で、「ふくしまの話を聞こう4」を開催する事になりました。今回のテーマは「復興:私が出来ること、私が取り組むこと」です。参加申し込みは下記のこくちーずページからお願いします。

ふくしまの話を聞こう4
http://kokucheese.com/event/index/276995/


福島おうえん勉強会さんのツイッターです↓
https://twitter.com/fk_ouenbk

◆日時 4月19日(日) 13:30~16:00(13:00開場)

◆参加費 1,000円(高校生以上)

◆第1部 講演:13:30
『事故から4年:変わったこと、変わらぬこと -半澤 隆宏(福島県伊達市 市民生活部 理事兼放射能対策政策監)-』

 こんなに放射線は下がったのに…食品の検査も徹底されているのに…
 放射線に関する知識・知見も、いろんな意味で広がり、正しい理解が「安全」と「安心」につながってきました。
 それなのに帰還が見えてこない自主避難者がいる、福島産の食品には手を出さない人がいる。
 あの原発事故から4年…何が変わり、何が変わらないのか…。
 そして行政の役割は何だったのか、これからは何をすべきなのか。
 皆さんといっしょに考えてみたいと思います。

『福島で子育てをするということ -大槻真由美(福島県伊達市市民)-』

 放射能問題は『日常』において、まったく意識することのないものでした。
 震災後、さまざまな心の葛藤の中から得た『6人家族揃っての生活こそ幸福の原点である』と、
 自己結論までの道のり、心境についてお話したいと思います。

『避難生活の中で起業すること -菅野クニ(合同会社ニコニコ菅野農園 飯舘村住民)』

 東電福島第一原発事故から1か月以上経ってからの避難指示。
 避難するまでには2か月以上かかった中で、家族の生きがいを守るためにとった行動は何か。
 数年先の帰村の時を視野に入れ避難先で起業したのは何故? 
 その意味とそこから得たものをお話ししたいと思います。

◆第2部 パネルディスカッション:15:30
『復興:私が出来ること、私が取り組むこと』
 司会:安東量子

 ・プロフィール
 1976年生まれ。福島県いわき市在住。
 放射線を測り、知り、対処しながら、コミュニティでの生活再建を目指す住民活動を行っている。
 「エートス」は、チェルノブイリ事故10年後のベラルーシで始められた、ETHOSプロジェクトから。   

 パネリスト
 ・半澤隆宏
 ・大槻真由美
 ・菅野クニ
 ・ナカイサヤカ
 ・その他

◆アクセス
東京仕事センター 東京都千代田区飯田橋3丁目10番3号
・飯田橋駅から
JR中央・総武線「東口」より徒歩7分
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ有楽町線・南北線「A2出口」より徒歩7分
東京メトロ東西線「A5出口」より徒歩3分

・水道橋駅から
JR中央・総武線「西口」より徒歩5分

九段下駅から
東京メトロ東西線「7番出口」より徒歩8分
東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄新宿線「3番出口」より徒歩10分

◆その他
※会場にお子様用スペースを準備します 。
※当日の立見受付は致しません。
※取材は事前に主催者までお申し出下さい。

◆福島おうえん勉強会 (代表 ナカイサヤカ)

◆お問合せ先
e-mail:midwells20120428@gmail.com
公式Twitterアカウント:fk_ouenbk